アルバイトの問題点

バイト・アルバイト不況と言われる現代において、アルバイトとして働く人も増えてきているかと思います。
アルバイトというのは何となく学生が多いというイメージがあるかと思いますが、最近では学生だけに限らず働き盛りといわれる30代から50代の世代でもアルバイトとして働いている人も増加してきています。
正社員としての求人が少なく、たとえあったとしても最近では即戦力を求められることが多いため、経験者が優遇されてしまう傾向にあります。
今ではアルバイトだからといっても社員と同じような仕事内容であったり、長く勤めている場合だと社員よりも仕事をしている人もいるでしょう。バイトだからといって簡単な仕事ばかり与えられるわけではなく、時には責任を持たされることもあるでしょう。これが問題でもあり、バイトと社員の違いは社会保険などの保障がされているかいないか、固定給か時給かといった違いくらいです。保障がないのに仕事量だけは社員並みという現状に不満を持つ人も多くいることかと思います。
しかし、働く側だけでなく企業側にも悩んでいる部分はあります。
アルバイト情報誌やネットなどに求人を載せるには、それなりに費用がかかります。
お金をかけて求人を出しても企業側が思うような人材が得られないことがあり、面接の日に連絡もよこさずに来なかったり、更に折角採用したのにすぐに辞めてしまうということがあるといいます。

モラルの欠如

バイト・アルバイト特に今の若い人達は怒られるということに慣れていないせいか、少し厳しく叱っただけで次の日から突然来なくなったりすることもあるそうです。それだけでなく今自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかと言う明確な目的がない人達も多くいると言われ、そういった人達はただ何となくという働いてみようという気持ちで働くので、すぐに飽きてしまい自分のやりたいことではないと判断すると見切りをつけて簡単に辞めてしまいます。
こういった場合、恐らく心のどこかで「アルバイトだから」という気持ちがあるのではないでしょうか。アルバイトだからそこまで責任もないからと思い、気に入らなかったり自分が思っていたのと違うと思ったらすぐに辞めてしまうのではないかと思います。
中には真面目に働いている人もいますが、そういった軽い気持ちで働く人もいるでしょう。バイトとはいっても、給料を貰って働く以上は責任をもって仕事をするべきです。しかし、企業側もアルバイトに重い責任を押し付けている場合もあるのが現状ではないでしょうか。

短期のアルバイト情報ならこちらがオススメ
http://weban.jp/contents/footer/map/map4/index2.html